ズルして楽して効率を上げたい(一級建築士R3年試験まであと33週)

今週は学校以外で22時間勉強しました。なんとか20時間超えに成功。目標の25時間まであと3時間。9月から暗中模索で手探りで試行錯誤していた勉強のもろもろが、ここにきてなんとかルーチン化できてきた感があります。もろもろというのは具体的には

  • 勉強時間の捻出方法
  • 勉強のスキマに家事を回す方法
  • 教材の整理方法
  • 教科書の改造方法
  • 何曜日の何時に何をするかの時間割
  • 勉強の予定と結果の記録方法
  • 総合資格語の理解
  • 学校の昼休憩にどの店でランチをとるか

といったことです。脳に余裕ができたらそのうち書きます。

さて、私は毎週日曜日の9時から19時まで学校に通っています。今日その学校でとても良いことを聞きました。来年の試験まではあと33週で、これはつまりこの1週間と同じことをあと33セットやったら学科の勉強から解放されるということなんですって。なるほど。ゴールが来年の7月と考えると絶望的に先が見えない気がしていたのですが(だってまだ冬にも至っていない)、あと33回繰り返すだけならやれる気がする。なぜならば、ルーチン化=仕組みができたので再現できるから、という理屈です。

これは私の脳内の整理用のメモなので、話は私の気の向くままに飛びます。

先週まで、一番欲しいのもは睡眠時間でした。それが、体が慣れてきたようで睡眠不足をまあわりと感じなくなってきました。この頃は学習時間の方が欲しいです。勉強がのってきて「よっしゃーここからやでえ」というところでいつも勉強時間が終わってしまうので、細切れでなくがっつりまとめて勉強したいなあと思うのですが、なにぶん本業は労働者なので難しい。ですから、細切れの時間でいかに効率よく勉強するか、ということをずっと考えています。

そういうことを考えながら働いていたら、むかし会社の先輩に「効率を上げるというのはズルして楽をすることだ」と言われたことを思い出しました。10年くらい前の話です。なんで私が10年前のことを覚えているかというと、記憶力が優れているからではなくて、メモ魔だからです。先週会社で昔のノートをめくっていたら見つけたのです。効率をあげる=ズルして楽する。なるほど。

そして今日、授業を受けながら「どうズルをすれば楽できるんだろう」と考えていたのですが、なんといってもテスト(総合資格語でいうアウトプット)を間違えないことではないだろうか、という仮説に行きつきました。間違えなければ復習しなくて済むからです。その分予習ができる。すると翌週のテストも間違えか減るので復習が楽になる、という良いループに入れるわけです。

しかしとはいえ私には得意科目と得意でない科目があるわけで、今日も得意でない科目の間違え方が甚だしかったので、私はまだズルして楽する段階には至っていないと知りました。まずは基礎をインストールすることに専念します。構造力学とお友達になりたい。

投稿者:

たかは志

サブコンのCADの人で、建築設備士です。好きなダクトは給気ダクト。 R2一級建築士を独学で初受験し、学科74点不合格でした。2020秋から総合資格に通学した結果、R3一級建築士は学科97点取れたっぽいです。そしてこの9月に二級建築士の設計製図、10月に一級建築士の設計製図を受けます。 ストレングスファインダーのトップ5は学習欲、収集心、責任感、内省、親密性です。よろしくお願いします。